私達は『何も知らない』

確実に『原因』や『結果』が伴っている物事の場合、私たちが「曖昧」だと思っている事柄にも、実際はあいまいさは存在していません。そこにあるのは『0』か『1』か、だけです。平面上に考えると、私たちの体は『健康的な生活』を送っている場合と、『そうでない場合』を考えた時、健康的な生活を送っていた場合は結果は『病気にならない(0)』ですが、もしそうでない生活を送った場合、『病気になる(1)』が存在します。

これは、健康的な生活を送っていても必ず病気になることを言っているのでも、健康的な生活を続けることによって病気になりにくくなることを否定しているのでもありません。私達は、誰も自分が『0』であるか、『1』であるかを測定、または仮定することは、100%不可能だからです。もし皆さんが自分の体について健康に自信を持っている場合、自分は100%健康であるから病気に掛かる可能性は0であると言えますか?では、病気に掛かる確率は何%ぐらいだと言えますか?あなたは、それを『0である』とも、『100』であるとも、その間のどんな数であるとも、言うことが『決してできません』。

要するに、私達は自分の体…分かりやすく言えば、健康状態について、『正確なことは何も知ることができない』のです。