備えておくべきこと

良く考えてみると、自分の体について自分で知ることができないということは恐ろしいものです。私達の体には何らかの電子パネルが設置されていて、そこに健康状態が事細かに表示されるのでもありません。自分の体が病気になりやすい体なのか、そして病気になりにくい体なのか、という点を自分で予測することは不可能であり、多くの人が知らないうちにそれを行ってしまっています。
自分の体が健康である―いわば0の状態、または病気に掛かる確率が○○%くらいであると思い込んで、本当はそんな確率が存在しないにも関わらず、自分の体の状態について、何も知らないのにそれを仮定してしまうのです。だからこそ、何らかのサインが現れたときにも、それを無視してしまうことがあるのです。

しつこいようですが、私達は自分の体について確実なことは何も言えないからこそ、自分がいつ入院するか、または手術が必要になるか、という点などを把握することはできません。そこで、もしそういった事態が「起きても良いように」する、という行為を行います。それが(生命)保険に加入することです。それによって病気になることを回避することはできませんが、他の金銭的問題が発生することを防げます。