分からないからこそ

私達は生命保険に加入しておくことによって、いわゆるその結果は変えられないとしても…いわゆる1(または0、確定していない)という結果を吐き出した時にどうすればリカバリーできるか、という点を考えておくことができます。具体的には、入院や手術が必要となった場合、確実にそのための費用がかかることとなります。短期的であっても長期的であっても、費用がかかる1という結果を回避することはできません。そこで、その1が発生しても対応できるように用意しておくことができるのです。

多くの人はその準備のために生命保険に加入していますが、実際に自分が加入している保険が本当に良いものなのかという点を自分で判断するのは難しい場合があります。そこで改めて保険見直しを行うことによって自分にとって最適な保障を知ることができます。もし『FP』などの役割を伴うなら、より良い判断、決定が下せるようになります。

保険にも契約年数やそれに伴う更新がありますが、上手にそれらを調整して良いタイミングで保険見直しとそれに伴う手続きを行いたいですね。大切なやりなおせない人生と保険のこと、しっかり考えておきましょう。